動物の心臓病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物の心臓病には、人間と同じように生まれながれにして持つ先天性奇形と、高齢になるにつれて発症する

後天性奇形に大きく分かれます。どちらにしても適切な検査、治療が必要になります。

  • 先天性心疾患
    • 動脈管開存症 (PDA)
      • 大動脈と肺動脈の間には、もともと胎児の時に必要な動脈管という血管が走っています。生まれるとすぐになくなっていくのですが、まれに血流が残ってしまう場合があります。遺残した動脈管が小さければ治療をせずに経過を見ることも可能です。しかしながら、 動脈管が大きく残ってしまっている場合は、カテーテルや外科的な治療が必要となって きます。若いうちに適切な治療をした方がリスクが低くなります。
    • 心室中隔欠損症 (VSD)
      • 左心室と右心室の間に発生の段階で穴が残ってしまう病気です。PDAと同様に穴が小さい場合は治療の必要性はありませんが、同様に大きく肺高血圧症という大きな合併症を引き起こす可能性がある場合は穴を塞ぐ外科的な治療法が必要になります。若いうちに発見できれば、診断をして無治療で済む患者さんも多く経験しております。
    • 肺動脈狭窄症 (PS)
      • 肺に血液を送る肺動脈弁(またはその付近)が狭窄して血液が流れにくくなる病気です。狭窄が重度でない場合は無治療で行く場合もありますし、血管を広げたり血圧を下げるようなお薬で経過観察する場合もあります。狭窄が重度で右心系に重度に負担がかかる場合はバルーン拡張術と呼ばれる低侵襲のカテーテル治療をしたり、カテーテル治療の反応が悪い場合は、手術をして治療します。この病気の怖いところは症状が出にくいところになりますので、若いときに雑音があってもし、心臓の超音波検査などを受けていない場合は検査しておくと見つかる可能性があります。
    • 大動脈狭窄症 (AS)
      • 全身に血液を送るのに重要な大動脈の弁(または付近)が狭窄する病気です。左側の心臓が悪くなるため肺水腫と呼ばれる合併症を引き起こしたりします。治療はPSと同様に軽度であれば無治療、または内科治療で経過観察します。重度であればカテーテルによるバルーン拡張術をしたり、外科的に治療したりします。現在のところ獣医領域ではカテーテルの方が一般的かもしれません。

 

  • 後天性心疾患
    • 僧帽弁閉鎖不全症 (MR)
      • ワンちゃんで最も多くみられる心臓病です。早い子で5-6歳から発症することがあります。左心房と左心室と呼ばれる部屋の間には僧帽弁という弁があります。左心房から血液が流れると左心室にためられて大動脈を介して全身に血液が運ばれます。僧帽弁が壊れてしまうと血液が左心室から左心房に「逆流」してしまいます。そうすると左心房がだんだん大きくなって、肺水腫と呼ばれる怖い合併症を起こします。主な症状としては最近運動をしない、咳がでてきた、ベロが青くて呼吸が苦しそうなどがあります。先天性の病気と同じように軽度なものは無治療、または内科的に治療します。この病気では雑音があるから薬を飲んでいることがありますが、治療が必要ない場合もありますので、心エコー検査などを受けて現在どのくらいの逆流があるのかを確認した方が望ましいです。重度になってくると肺水腫などの症状を軽減させるために利尿剤などを飲んだりします。その他にもいろいろな薬がありますので症状を緩和させながら病気と付き合っていくことが多いです。ここで大事なのは内科治療では完治しない症例がほとんどだということです。ヒトの場合はほとんどが手術で治療する病気です。当施設でも、条件を満たした患者さんは手術をすることをお勧めしております。